楽天モバイルのダイヤモンド会員割引が終了

楽天モバイルのダイヤモンド会員割が終了してしまいました。

これで、今月支払い分から、スマホの利用料金が500円高くなってしまいます。

わかっていたこととは言え、悲しい。

ダイヤモンド会員割と言うのはその名の通り、楽天のダイヤモンド会員であれば、楽天モバイルの割引を受けられるというものなのですが、適用されるのが契約後12ヶ月だけなのです。

楽天モバイルのサイトに料金表がありました。

楽天モバイルスーパー放題料金表
https://mobile.rakuten.co.jp/fee/super_hodai/detail/

僕はスーパー放題のプランSを契約しています。

この表にはありませんが、3年の長期契約をしていることで、2年目も、長期契約優待として1,000円引きが適用されます。

さらに、僕が契約した際は、楽天会員割(500円)は2年目まで適用されることになっていました。

整理すると、僕の契約における楽天モバイルの基本料金はこうなります。

ひろしの楽天モバイル基本料金

・1年目:980円 ※ダイヤモンド会員になる前の2ヶ月間は1,480円でした
・2年目:1,480円
・3年目:2,980円

改めて整理してみると、来年が怖いですね。

1年目と比べて2,000円も高くなってしまうのか・・・。

目先の安さに飛びついた結果、後々苦しむことになるやつですね。上手い商売です。
(それでも、三大キャリアよりよっぽど安いですが。)


ただ、解約の違約金(契約解除料)が確か9,800円なので、違約金を払って解約して、1,000円~2,000円のMVNOに乗り換えるという作戦も、なくはない気がします。

楽天のSPU(スーパーポイントアッププログラム)特典は受けられなくなってしまいますが。
(楽天モバイルを契約していると、ポイントが+2倍になります。)

なお、楽天モバイルは2019年にスーパー放題のプランを変更しています。(一部では、”改悪”ともいわれています。)

▼参考「楽天モバイル、MVNOサービスの「スーパーホーダイ」などを10月より刷新」
https://corp.rakuten.co.jp/news/press/2019/0906_01.html

契約年数縛りや、それに伴う違約金がなくなっている代わりに、割引は1年間しか受けられなくなっていますので、ご注意下さい。

来年のことは来年考えるとして、当面の出費が500円増えてしまったのは残念です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました