カイジは給料日初日に何ペリカ使ったのか?その内訳と、肉じゃがの値段は?

漫画『賭博破戒録カイジ』において、カイジは給料日初日に散財・豪遊してしまいます。

それでは結局、合計で何ペリカを使ったのか。そして内訳はどうなっているのか。

考察してみたいと思います。

※「何言ってんだコイツ」と思った方は、こちらの記事をお読みください。

合計金額(合計で支払ったペリカ)

班長の策略に引っ掛かって、カイジが給料日初日に散財してしまった金額。

実はこれ、作中で答えが出されています。

『賭博破戒録カイジ』第1巻第8話「決壊」より。

ご覧の通り、41000ペリカです

カイジが1ヶ月間、汗水流して働いて受け取った月給が91000ペリカ。

半分には届きませんが、それに近い金額を1日で使ってしまったのです。

カイジが思っている通り、「いくらなんでも目茶苦茶」です。

班長に嵌められたとはいえ、ひどい状況・・・。

41000ペリカの内訳の考察

ここで、41000ペリカの内訳を検証してみたいと思います。

値段と注文数がハッキリわかる商品

まず、カイジが注文する様子がハッキリと描かれているのは、ビール350ml(5000ペリカ)に焼き鳥(7000ペリカ)、ポテトチップス(3000ペリカ)だけです。ビールは最初に1本注文した後、追加注文しています。

そして、肉じゃがを注文したこともわかっています。

カイジが、「こんなコンビニの焼き鳥や肉じゃがが」と言及しているからです。ただし、肉じゃがの値段がいくらなのか(何ペリカなのか)については、実は作中に記載がないのです。

後は、カイジの食事の様子から判断していくことになります。

ビールは4本置かれていますね。カイジが追加注文したビールは3本だったようです。

最初に注文したのが350mlだったので、サイズから見て他も全て350mlでしょう。500mlのロング缶は6000ペリカです。そう考えると、350ml×4=1400mlで20000ペリカよりも、ロング缶500ml×3=1500ml、18000ペリカの方がお得だと思いますが、そのあたりに無頓着なところも、カイジのダメな部分なのでしょう。

他に注文した商品を見てみると、カイジの左足の前にちくわのようなものがありますね。これはちらっと描かれていた、チーズちくわ(5000ペリカ)とみて間違いないでしょう。

ここまでで、値段がはっきりしている商品について整理してみます。

商品名単価(ペリカ)数量(個)小計(ペリカ)
ビール(350ml)5000420000
ホカホカ焼き鳥700017000
ポテチ(うすしお味) 300013000
チーズちくわ 500015000
合計35000

合計35000ペリカです。

カイジがこの日使ったお金は41000ペリカなので、残りは6000ペリカです。

カイジが他に買った商品は?

それでは、カイジが残り6000ペリカを何に使ったのでしょうか?

まずはっきりしているのが「肉じゃが」ですよね。それ以外に注文した商品はないのでしょうか?

ここで改めて、この画像を見て下さい。

わからないのが、赤枠で囲ったトレーです。こいつの正体が掴めません。

カイジの目の前にあるのが肉じゃがとチーズちくわ、抱えているのがポテトチップス、左手に持っているのが焼き鳥なので、謎のトレーが1つあることになります。

カイジは他に何か注文していたのでしょうか・・・。

実はもう1枚、参考になりそうな画像がありますので、そっちも見てみましょう。

ここで見ると、トレー容器は全部で3つなんですよね・・・。焼き鳥・チーズちくわ・肉じゃがの3つで数が合うことになります。(ちなみに上段一番手前の木目調っぽいトレーがチーズちくわだと思うんですが、最初と比べて大きさとデザインが変わっている気がしますが、気にしないことにしましょう。)

となると、カイジの右膝にあったのは何だったのか。取り皿か何か、一時的に使っていたのでしょうか・・・。

※なお上記の画像ではビール缶は5本ありますが、1本は班長の差し入れ分だと推測されます。

肉じゃがの値段相場

検討のため、カイジが注文したのは、残り肉じゃがだけと仮定してみます。

そうすると必然、肉じゃがの値段は6000ペリカとなります。

この金額が妥当なのかどうかを考えます。

参考にセブンイレブンの冷凍食品の値段設定はこうなっています。

・とろ~りチーズソースちくわ:208円
・北海道産男爵芋の肉じゃが:238円

肉じゃがはチーズちくわより若干高いですね。

量がわからないのであくまでも参考ですが、これと比較して考えると、
・チーズちくわ5000ペリカ
・肉じゃが6000ペリカ
という価格設定だとしたら、非常にしっくり来るように感じます。

仮にカイジが肉じゃがの他にもう1品、何か商品を買っていたとすれば、肉じゃがの値段はチーズちくわ以下ということになります。あのサイズのトレーの商品で、1000ペリカより安いということはないと思いますから。

それはあまり考えられない気がしますね。

内訳の結論

結論として、肉じゃがの値段が6000ペリカが僕のファイナルアンサーです。

謎のトレー容器のことは見なかったことにします。

ということで、これがカイジの41000ペリカ豪遊の内訳表です!

商品名単価(ペリカ)数量(個)小計(ペリカ)
ビール(350ml)5000420000
ホカホカ焼き鳥700017000
ポテチ(うすしお味) 300013000
チーズちくわ 500015000
肉じゃが600016000
合計41000

以上、カイジトリビアでした!

小ネタ 書評
スポンサーリンク
よろしければクリックをお願いします
にほんブログ村 その他生活ブログ 貯金(個人)へ  節約・貯蓄ランキング
ひろしをフォローする
東大卒零細リーマンの貯金ブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました