焼肉のタレで「照り焼きチキン」を超簡単に作る方法【1人暮らし男子必見】

最近、僕の料理のレベルが一段階アップしました。

これまでのメイン料理は、100g39円の鶏もも肉を塩コショウで味付けしたもの、でした。

それをほぼ毎晩夕食として、週5~6食は食べていました。

それが、あるアイテムの導入により進化したのです。

「焼肉のタレ」を使うことによって、同じ100g39円の鶏もも肉が、焼肉のタレ照り焼きチキンにレベルアップしたのです。

これまでのレベルが2だとしたら3になった程度ですが、進歩は進歩です。(僕はドラクエ好きなので、最高レベルを99として考えて下さい。そもそものレベルが低過ぎ説は否めません。)

せっかくなので、焼肉のタレ照り焼きチキンの作り方をご紹介します。

焼肉のタレ照り焼きチキンの下準備

僕は鶏もも肉をフリーザーバッグに入れて保存しています。

100g39円の鶏もも肉700~800gを買って来て、3食分に分けて1食ずつフリーザーバッグに入れるのです。

フリーザーバッグに入った鶏もも肉

フリーザーバッグは毎回洗って再利用しているので、年季が入っています(笑)

ここに対して、焼肉のタレチューブにんにくを投入します。

鶏もも肉と焼肉のタレ、チューブにんにく

わかりづらいですが、右下の方ににんにくも見えていますね。

焼肉のタレはお好みで問題ないと思いますが、僕は「エバラ焼肉のたれ コチュジャンでピリッと辛口」と「エバラ焼肉のタレ ごま香る!味噌醤油味」の2種類を試してみました。

この焼肉のタレを選んだのは、「エバラは焼肉のタレのCMで有名だから美味いだろう」と安直に考えたのと、値段も比較的安かったからです。(295gで200円ぐらいだったと思います。)

今回使ったのは味噌醤油味の方です。

チューブにんにくに関しても特にこだわりはありませんが、ハウスの「特選生にんにく」を使っています。

焼肉のタレとにんにくをフリーザーバッグに投入した後は、全体に混ざるよう、外側からもみもみします。

鶏もも肉と焼肉のタレ、チューブにんにく

鶏もも肉全体に色が付けば、下準備は完了です。

後は味が付くように、少し寝かせましょう。

僕の場合はこの後シャワーに入ることによって、20分くらい寝かせています。(意味があるのかどうかはわかりません。)

焼肉のタレ照り焼きチキンの料理方法

料理方法と言っても、下準備の段階で9割方完了しているので、後は焼くだけです。

フリーザーバッグの中身を、タレごとフライパンで焼きましょう。

時間は適当で。

中に火が通って、鶏肉の表面に照りが出れば完成です。

焼肉のタレ照り焼きチキン

どうですか?

写真ではちょっと伝わりづらいかもしれませんが、鶏肉に焼肉のタレのテカリがついて、食欲をそそる見た目に仕上がっています。

食べてみると、味はとっても濃厚。

少なくとも塩コショウと比べると雲泥の差です。(味の濃さという観点から。塩コショウ味も、それはそれで美味しいです。)

これまで、鶏もも肉の味付けは塩コショウ(とたまにキムチ鍋つゆ)ぐらいのレパートリーしかなかったのですが、これで料理の幅が1つ広がりました。

しかも恐らく、他人から見たときはこれが一番料理としてマトモ。(というか、他の食べ方を他人に見せたら、人によってはひくかもしれません笑)

いかがでしたでしょうか。

これなら誰でも簡単に出来ますし、洗う食器も増えません。

1人暮らしで料理をほとんどしない男性でも、簡単に作れると思います。

焼肉のタレを活用した照り焼きチキン、おすすめです!

貧乏メシ
スポンサーリンク
よろしければクリックをお願いします
にほんブログ村 その他生活ブログ 貯金(個人)へ  節約・貯蓄ランキング
ひろしをフォローする
東大卒零細リーマンの貯金ブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました