プロジェクトマネージャ試験を受けて来た【IPA情報処理技術者試験】

ご無沙汰しておりますが、何とか生きています。

試験勉強が忙しくて、ブログを更新出来ませんでした。

今回受けて来たのは、IPAの情報処理技術者試験「プロジェクトマネージャ試験」です。

いや、なかなかヘビーな試験でした。

興味のない方は、僕が試験後に豪遊した話だけ読んで下さい(笑)

試験会場

今回の試験会場は、池袋にある「立教大学 池袋キャンパスA」でした。

立教大学を訪問するのは初めての体験でした。池袋にあったんですね。

情報処理技術者試験って、会場に大学を指定されることが多くて、普段行くことのない大学に行けるから楽しいんですよね。

ちなみに、過去の試験では下記の大学を訪問しました。

・基本情報技術者試験:専修大学
・応用情報技術者試験:東京海洋大学

教室内の席数と受験者数

今回は新型コロナウイルス対策として、教室内の座席数が間引きされていました。

具体的には、前後左右の机を開ける形です。

この時点で例年より圧迫感がなくて快適でした。

それに加えて、僕の座席は教室の最後方で一番ドアよりの席。

さらに僕の左側の席は欠席者が多いという素晴らしい状況に。

こんな感じです。

めっちゃラッキーでした。

試験の手応え

プロジェクトマネージャ試験は、4つに分かれています。

(1)午前Ⅰ
(2)午前Ⅱ
(3)午後Ⅰ
(4)午後Ⅱ

僕は去年応用情報技術者試験に通っているので、午前Ⅰは免除です。

午前Ⅱ

午前Ⅱに関しては、想像以上に難しかったです。

過去問は9割以上正解出来ていたので、楽勝だと思っていたのですが、全く見たことも聞いたこともないような問題が出て来ました。

全部で25問ですが、5問ぐらいは「何それ、知らね~よ。」という問題。

焦りました。

ただ、結果的には合格点を取れています。

午後Ⅱは昨日の段階でIPAから解答が発表されており、問題用紙にメモっていた答えで自己採点が可能でした。

結果的に、25問中19問正解で76点。

60点以上で合格なので、合格ラインは普通に超えることが出来ました。

午後Ⅰ

午後Ⅰは解答が発表されていない上に、記述式なので自己採点が難しいです。

ただ、とりあえず解答欄は全て埋めることが出来ましたし、根拠なく答えた箇所は1~2箇所だけでした。応用情報技術者試験のときのように、甘めに部分点が貰えるなら、なんとか合格しているのではないかと思います。

※午後Ⅰも100点満点中60点で合格。

午後Ⅱ

最大の関門が午後Ⅱです。

こちらも記述式で、最低でも2,200文字以上の文量が求められます。(時間は120分間)

一応、時間ギリギリで文章を書きあげることが出来ました。

問題文に沿った解答は出来たつもりですが、内容はかなりチープです。

う~ん。こればっかりは、全く予想が付かないです。

合格発表(2020年12月25日(金) )を待つしかないですが、長い・・・。

2ヶ月も待たされるのは辛いですね。

手応え的には、東大受験より悪かったですから。

プロジェクトマネージャ試験におすすめの参考書

まだ合格出来ていない僕がおすすめするのもアレですが、この本は本当に良かったです。

まあ今さら僕がおすすめするまでもなく、プロジェクトマネージャ試験のバイブルとして、高い評価を得ている参考書です。

著者の三好 康之さんにちなんで、通称「みよちゃん本」と呼ばれているそうな。

これを読んでいなかったら、午後Ⅱを書き上げるのは無理だったでしょうね。

試験後の豪遊

試験後は、開放感から豪遊を行いました。

といっても、やっていることは普段の金曜日とあまり変わりませんけど。

まずは西友で缶チューハイ「もぎたてSTRONGブドウ」500ml×2本を購入。

2本で297円(税込)。

続いて、マクドナルド。

・ポテナゲ大:500円
・チーズバーガー:140円

最近、財布の紐が緩みがちで、マックの500円ルールが崩壊しつつあります。

そして、家に帰って来てから、AmazonKindle『中間管理録トネガワ』4巻を購入。660円

帰って来てシャワーを浴びてから、好きな漫画を読みながらマックを食い、酒を飲む。

たった1500円で味わえる、至福の瞬間でした。

頑張ったからこれぐらいは良いでしょう。

ということで、結果はどうあれ、無事に試験が終わったので、気分は晴れやかです。

またちょこちょこと、ブログを書いていきたいと思います。

ひろし

ひろしです
スポンサーリンク
よろしければクリックをお願いします
にほんブログ村 その他生活ブログ 貯金(個人)へ  節約・貯蓄ランキング
ひろしをフォローする
東大卒零細リーマンの貯金ブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました