【+100万円達成】2020年上半期の資産増減を振り返り

2020年もちょうど半分が経過したので、ここで資産の増減をまとめておきたいと思います。

2019年12月の資産報告と、2020年6月の報告を比較することで、数字の増減を確認していきます。

ひろしの2020年上半期の資産増減表

2019年12月2020年6月資産増減
貯金320万円350万円+30万円
投資信託79万円138万円+59万円
確定拠出年金16.5万円30.8万円+14.3万円
ビットコイン4.5万円5.4万円+0.9万円
借金-72.5万円-65万円+7.5万円
合計347.5万円459.2万円+111.7万円

ご覧の通り、2020年上半期の半年間で、111万7千円の資産増となりました。

半年で100万円を超えたというのは、まずまず良かったのではないでしょうか。

しかも今年は引越しで何かと入用でしたからね。それを差し引いた上で、100万円以上資産が増やせたことは、ポジティブに捉えて良いでしょう。

2020年の年間目標

この調子で行けば、年間200万円越えは達成できそうです。

単純に2倍すれば、223.4万円ですからね。

欲を言えば、250万円に到達したい。7月と12月のボーナスが無事に支給されれば、(うちの会社のボーナスは雀の涙ですが)、達成できなくもないと思うんですよね。

あと、特別定額給付金の10万円、まだ届いてないぞ!

ただし、コロナウイルスで投資信託が暴落すれば、200万円を超えられない可能性もあります。

僕の資産の中で、金額が安定しているのは貯金と借金返済(奨学金返済)だけですからね。そしてその2項目だけで見ると実は、資産は37.5万円しか増えていないのです。

その点には注意が必要ですね。

守銭奴になってしまってはいけませんが、無駄金は使わないに越したことはありません。

この調子で残り半年間も、頑張っていきたいと思います。

ひろし

コメント

タイトルとURLをコピーしました