セブンイレブン「洗わずそのまま食べられるコールスロー」に散財する

普段コンビニでの買い物は極力避けている僕。

理由はもちろん、コンビニは値段が高いから。

そんな僕が最近、コンビニで定期的に購入している商品があります。

それがこちら、セブンイレブンの「洗わずそのまま食べられるコールスロー」130g (セブンプレミアム)です。

セブンイレブン「洗わずそのまま食べられるコールスロー」

「洗わずそのまま食べられるコールスロー」の値段

洗わずそのまま食べられるコールスローのお値段は108円(税込)。

カロリーは1袋で45kcalです。

普段の質素な食事(納豆ご飯・インスタント味噌汁・鶏肉の塩胡椒炒め)にプラス1品として、この「洗わずにそのまま食べられるコールスロー」を加えています。

130gを2回に分けて食べるので、1食分だと54円(税込)

高いっす。

僕は鶏もも肉を100g39円(税抜)で買っているので、鶏もも肉、約130gの値段に相当します。

ベジタリアンは別として、一般人の感覚として、鶏もも肉と野菜(コールスロー)だったら、鶏もも肉の方が好きですよね?

同じ金額54円を払うのであれば、本当は鶏もも肉を130gプラスする方が嬉しいです。

もっと言うと、僕は野菜が大っ嫌いです。本当に半分アレルギーだと思っているぐらい。

コールスローは大丈夫なんですが、ブロッコリーとかアスパラガスを食べようとすると、嘔吐しそうになり、頑張って飲み込むのですが、自然と涙が出て来ます。

それぐらい、野菜が苦手。

僕が野菜を食べる理由

そんな僕がなぜ、わざわざ高いお金を払ってまで、野菜を買っているのか。

当然ながら、健康面に気を遣ってのことです。

さすがに、全く野菜を食べないのはどうかと思いまして・・・。

10代や20代前半の頃は、そんなこと全然気にしなかったのですが。

やっぱり、健康を維持するためにはお金が掛かりますよね。

逆に言うと、安い食べ物って身体に悪いものが多い気がします。僕の大好きなマックに代表される、ジャンクフードとか。

ただ、コールスローを食べたからと言って、体調的には何も変わらないんですよねぇ。

「野菜は身体に良い。」と当たり前のように言いますし、科学的にも実証されているんでしょうけれど、実感としては食べても食べなくても何も変化がありません。量が少ないというのもあるかもしれませんが。

野菜を食べる人生と食べない人生を比べて見ることは出来ないので、コールスローが身体に良い影響を与えてくれているのかは、神のみぞ知る、という感じです。

「洗わずそのまま食べられるコールスロー」を選んだ理由

なお、セブンイレブンの「洗わずそのまま食べられるコールスロー」を選んでいるのにも、もちろん理由があります。

1つは、セブンイレブンは近くにあるから、買いに行きやすい。

カット野菜系って消費期限が短めなので、週に1回のスーパーでの買い出しでまとめ買いしづらいんです。頻繁に買いにいくのであれば、コンビニの方が”近くて便利”です。

そしてセブンイレブンでカット野菜と言えば、「洗わずそのまま食べられる千切りキャベツ」(150gで税込108円)もあるのですが、コールスローの方が好きです。

何と言っても、コーンがあるのが良いですね。

プチプチして甘くて美味しい。コーン最高です!

・セブンイレブンは近くにあるので買いに行きやすい
・セブンイレブンの中では、コーンがある「洗わずそのまま食べられるコールスロー」が好み

これが、理由ですね。

おすすめのドレッシング

ちなみに、僕がコールスローにかけるドレッシングは「リケン ノンオイルドレッシング くせになるうま塩」、これ一択です!

にんにくが効いてて、すごく美味しいんですよね。

「くせになる」というキャッチコピーに偽りなしです。

まあ、この程度のお金で健康になれる可能性があるのなら、コールスローを買う程度の支出は良しとしましょう。

病気になったら、すごくお金がかかりますしね。

ひろし

貧乏メシ
スポンサーリンク
よろしければクリックをお願いします
にほんブログ村 その他生活ブログ 貯金(個人)へ  節約・貯蓄ランキング
ひろしをフォローする
東大卒零細リーマンの貯金ブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました