メタリックモンスターズギャラリー『ゴールドマン』がゴージャス!

数少ないファンの方、お待たせしました。

メタリックモンスターズギャラリー記事シリーズ第3弾です。

僕が今回購入したのは「ゴールドマン」です

本日はゴールドマンの魅力についてご紹介いたしましょう。

なお、前回購入したのは「キラーマシン」でした。

ゴールドマンの画像、大きさ

まずは、メタリックモンスターズギャラリー「ゴールドマン」の実際の画像をお見せしましょう。

ゴールドマンのパッケージ

ゴールドマンは実は、箱には入っていません。

簡易的な包装がしてあるだけです。

段ボールを開封すると、プチプチに包まれた物体が姿を現しました。

うっすらと、金色の塊が見えます。

プチプチから取り出すと、このような形です。

ビニール袋で包んでいるだけ(笑)

まるで飴のようですね。

はぐれメタルやキラーマシンは専用のパッケージがあったのですが、ゴールドマンはそれらのモンスターと比べると知名度も人気も低いので、この扱いなのでしょう。

格差を感じます。

ゴールドマンの本体

既にほとんど見えてしまっていますが、ビニール袋から取り出してみましょう。

金ピカでとてもゴージャスですね!

金(ゴールド)の光沢がよく表現されています。

メタリックモンスターズギャラリーというコンセプトに合致していて、とても良いです!

前回購入したキラーマシンと並べてみましょう。

若干キラーマシンの方が大きいですね。

ドラクエのモンスターって正確なサイズが記載されていないのでわからないのですが、恐らく本当は、ゴールドマンの方が大きいと思います。

ゴールドマンの仲間のゴーレムは、ドラクエ1ではメルキドの街を守っていたぐらいですし。

ま、細かいことは気にしないようにしましょう。

ゴールドマンとは?

ドラゴンクエスト「ゴールドマン」の説明はこちらです。

全身が黄金でできたゴーレムで、たくさん倒すことができれば大金持ちになるといわれている。他の魔物と比べて倒した時に手に入るゴールドが多いため、ゴールド稼ぎをしたい冒険者からしばしば追いかけられる。しかし、硬い拳から繰り出される一撃は強力で、それに打ち勝った者だけが多額のゴールドを得られるのだ。

『ドラゴンクエスト25thアニバーサリー モンスター大図鑑』より

この説明の通り、ドラクエの中でのゴールドマンの特徴は何と言っても、倒したときに得られるゴールドが多いことです。

ファミコン版の「ドラクエⅠ」では1体で200ゴールド、そしてスーパーファミコン版の「ドラクエⅠ」では650ゴールドもの大金を落としてくれます。

ドラクエⅠではお店で買える装備で最も高額な「みかがみのたて」が14,800ゴールドです。(メルキドで購入可能)

それすらも、(SFC版だと)ゴールドマンを23体倒すだけで買えてしまいます。

もっとシンプルに考えて、2体倒すだけで1000ゴールド以上手に入るというのは、ドラクエ経験者ならどれ程すごいことか、おわかりいただけると思います。

なお、「倒すと最もゴールドが稼げるモンスター」という地位は、ナンバリングを重ねると、おどるほうせきやゴールデンゴーレム、ゴールデンスライムといったモンスターに取って代わられてしまいます。

栄枯盛衰ですね。

僕とゴールドマンの思い出

ゴールドマンについて、僕の記憶に鮮明に残っているのはやはり、『ドラクエⅠ』でゴールド稼ぎのために倒しまくったことです。

しかも、僕がプレイしていたのはスーパーファミコン版のドラクエⅠなので、1体650ゴールド手に入りました。

ゴールドマンが出て来るところまで辿り着くと、本当にガラッと変わるんです。

もう、お金に苦労しなくなります。

といっても、ドラクエⅠでは最強の武器(ロトのつるぎ)や、最強のよろい(ロトのよろい)はお店で買うものではないんですけどね。

それでもやっぱり、「ゴールドマンは出会うと嬉しいモンスター」として、初プレイから25年経った今でも、僕の心に深く刻み込まれています。

ゴールドマンって、お金を貯めたい僕にピッタリのモンスターです。

金運アップ効果もありそうなので、我が家の守り神として崇めたいと思います!

コメント

タイトルとURLをコピーしました