敬老の日のプレゼントにおすすめの和菓子3選

いよいよ明日9月21日(月)が、2020年の敬老の日です。

デジタルフォトフレームをプレゼントすることは決まったのですが、もう1つプレゼントするお菓子が決まっていません。

ついでに言うと、デジタルフォトフレームもまだ送っていません。

宅急便の手続き面倒なんだもん・・・。

敬老の日のプレゼントはいつも、敬老の日当日に届く形ではなく、敬老の日のある連休に発送するようなスピード感で送っています。

計画的に動くのが苦手なもので。

そういうわけで、敬老の日前日にお菓子を選んでいる次第です。

今回僕が設定している基準はこちら。

(1)和菓子:やはり老夫婦には、洋菓子より和菓子でしょう。
(2)5,000円以内:デジタルフォトフレームが1万円以上だったので、5,000円以内が良いです(笑)
(3)出来れば秋の味覚:芋とか栗とか、秋の味覚が味わえるものが良いですね。
(4)6個入り以上:実家には祖父祖母含め4人いるので、6個入り以上で分けやすい方が良い。(祖父祖母が2個ずつ、他の2人が1個ずつ)

上記の選考基準を設定した上で、楽天市場でお菓子を探してみました。

楽天で探す理由は、「敬老の日特集」があるので探しやすいのと、楽天ポイントが貯まるからです。

Amazonでも良いんですけど、今日は5の倍数の日+前日楽天イーグルスが勝利したのでポイントが二重にお得なので、楽天で購入することにしました。

おすすめ①:「栗きんとんアソート」(フルーツパーラーKanon)

1つ目に気になった商品は、Kanon(カノン)「栗きんとんアソート 4種8個入りです。

こちらは名前の通り「栗きんとん」の詰め合わせなのですが、普通の栗きんとんだけじゃなく、色んなバリエーションの栗きんとんが楽しめます。

栗きんとん(岐阜中津川栗きんとん):2個
抹茶 栗きんとん:2個
鳴門金時 栗きんとん:2個
ショコラ 栗きんとん:2個

僕が設定した条件の「秋の味覚」の1つである栗をベースとして、鳴門金時 栗きんとんだと芋も味わえます。

全部2個ずつなので、4人で分ける場合はどれを選ぶか悩むかもしれませんが、全員大人なので、喧嘩することもないでしょう。

ショコラ 栗きんとんを祖父・祖母以外の(相対的に)若手の家族が食べることになるのでしょうか(笑)

実は我が家で栗きんとんを食べた記憶がありません。

こち亀を読んでいると、お正月のおせち料理に栗きんとんが入っているようで、両さんが「きんとんちゃん」って良く言っているんですが、我が家のおせちには入っていないんですよね・・・。

実は僕が一番、栗きんとんというものを食べてみたいです。

おすすめ②:「いもくり」(中島大祥堂)

続いてのプレゼント候補商品はいもくり」という焼菓子です。

名前がそのまんま、芋と栗です。

こちらは「丹波栗」と「なると金時芋」を使った焼菓子。

これも僕の要望に完全にマッチしています。(和菓子というよりは洋菓子?和洋菓子?)

フィナンシェみたいな感じですかね。

栗と芋がどんな味のハーモニーを奏でているのか、とても気になります。

ちなみに3個入りはパッケージがかわいいです。栗の形ですね。

敬老の日とかじゃなく、友人へのちょっとした手土産なんかで持っていくと、喜ばれそうです。

おすすめ③:「宮のかりまん」(高林堂)

最後のご紹介するのは高林堂の「宮のかりまん」という黒糖かりんとう饅頭です。

これは芋でも栗でもありません。

家族が食べたことがないかどうかも定かではありません。(黒糖かりんとう饅頭という意味では、恐らく人生で一度は食しているはず。)

完全に僕の好みというだけで選びました。

かりんとう饅頭って最高でしょう。

ただやっぱり、新鮮味には欠けてしまうかもしれません。

そしてもう一つだけ注意点があります。

それは消費期限が5日間(出荷日を含む)というところです。

早めに食べるように促す必要があるので、プレゼントとしては少しだけ使いづらいところがあるかもしれません。

まとめ

敬老の日のプレゼントにおすすめの和菓子を3つ紹介しました。

栗きんとんアソート(フルーツパーラーKanon)
いもくり(中島大祥堂)
「宮のかりまん」(高林堂)

いずれもおじいちゃん・おばあちゃんに喜んでもらえるおいしい和菓子だと思います。

なお、見た目を楽しめる上品な方であれば、こういう和菓子もおすすすめです。

残念ながらうちの家族はそういうのには無頓着なので、今回は候補に入りませんでした。

僕は今年はやっぱり「栗きんとん」に決まりそうです。

出費
スポンサーリンク
よろしければクリックをお願いします
にほんブログ村 その他生活ブログ 貯金(個人)へ  節約・貯蓄ランキング
ひろしをフォローする
東大卒零細リーマンの貯金ブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました