格安物件の理由はまさかのヤ〇ザ・・・

先日、物件探しに行って来ました。

不動産情報サイトのスーモ(SUUMO)でとても気になる物件があったので、
それを取り扱っている業者に内見を希望し、仲介業者のところに行って来ました。

その物件、本当に格安だったのです。

・駅から徒歩4分(山手線沿線の駅)
・1Kで広さは9畳(25m2 以上)
・築浅で、写真を見る限り内装が綺麗
・賃料は相場より1万円程安い

僕は行く前から、ほぼその物件(以下、物件Y)を契約する気満々でした。


お店に着くと、受付用紙に希望条件等を記入し、担当者とのやり取りが始まります。

担当者は、僕の希望条件に沿う物件をいくつかピックアップして説明し始めました。

でもどの物件も、スーモで見つけた物件Yに劣っているのです。


ひろし「いやいやいや。出していただいた候補、正直物件Yより良い点が見つかりません。
    これだったら物件Yで決めたいんですが・・・。」


これに対し、担当者は一呼吸おいて、驚きの内容を話し始めました。


担当者「実は・・・、この物件が安いので少し気になって、
    事故物件とか、何か事情がないか管理会社に問い合わせてみたんですね。」


(事故物件?大島てるとかのやつか。いやでもさすがに事故物件ならもっと安いだろ。)


担当者「そしたらその、物件Yのその部屋を退去された方の退去理由が、
    2人続けて同じだったのです。隣人トラブルです。」


(隣人トラブル。僕の頭の中で、ババアが嫌がらせに大きな物音を立てて布団を叩いている絵が浮かんだ。テレビとかでたまに見るやつだ。本当にそういうのあるんだな・・・。)


ひろし「具体的に言うと、どんなトラブルなんですか?」

担当者「これ以上は個人情報も絡んでくるので・・・」

ひろし「いや、教えて下さい。お願いします。」

担当者「・・・。隣の方がいわゆるヤクザのような方みたいなんですね。


ヤ・ク・ザ。

反社会的勢力・・・。暴力団・・・。

どうやら、その隣人が物音やら何やらに因縁をつけてきてトラブルになったようだ。


いや、さすがにこれは予想外でした。そんな理由があったとは。

怖過ぎる・・・。


この話を聞いた以上、僕には物件Yを選ぶ勇気はありませんでした。

担当者「事故物件ならまだマシでしたけどね。人間の方が怖いです。


深い・・・。

やはり安いものにそれなりの理由があるものですね。


ということで、引越先の物件探しは難航しております。

どうやら12月は部屋選びにはあまり適さないタイミングということもあるようです。

う~ん、難しい。

ひろしです
スポンサーリンク
よろしければクリックをお願いします
にほんブログ村 その他生活ブログ 貯金(個人)へ  節約・貯蓄ランキング
ひろしをフォローする
東大卒零細リーマンの貯金ブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました