楽天ポイント運用はアクティブとバランスどちらのコースを選ぶべき?

楽天のサービスに「ポイント運用」というものがあることをご存知でしょうか?

楽天「ポイント運用」とは?

手持ちの楽天ポイントを資産運用できるという、楽天のサービスです。

運用している楽天ポイントは、「楽天投信投資顧問(株)が運用する投資信託」の基準価額に連動して増減します。

※ポイントは最低100ポイントから、100ポイント単位で追加可能
※運用できるのは「通常ポイント」のみ(期間限定ポイントは運用不可)

簡単にいうと、楽天ポイントを投資信託のように資産運用でき、うまくいけば増やすことが出来るというサービスです。

なお、楽天には「ポイント投資」というサービスもありますが、「ポイント運用」とは別物ですので、ご注意下さい。

楽天「ポイント運用」の、アクティブコースとバランスコースの違いは?

この楽天「ポイント運用」ですが、次の2つのコースから選択可能です。

①アクティブコース
②バランスコース

では、これらの違いは何でしょうか?

アクティブコース

まず「アクティブコース」については、下記のように説明されています。

アクティブコースは、日々の動きが大きく積極的な運用を目指すコースです。
楽天投信投資顧問(株)が運用する、日本を含む全世界の株式および投資適格債券に70:30の配分で分散投資する楽天・インデックス・バランス・ファンド(株式重視型)の基準価額の値動 きを原則反映することで、運用ポイント数が増減します。

バランスコース

一方、「バランスコース」の説明は次の通りです。

バランスコースは、日々の動きが小さく安定的な運用を目指すコースです。
楽天投信投資顧問(株)が運用する、日本を含む全世界の株式および投資適格債券に30:70の配分で分散投資する、楽天・インデックス・バランス・ファンド(債券重視型)の基準価額の値動きを原則反映することで、運用ポイント数が増減します。

要は、値動きの基準とする投資信託に関して、アクティブコースは株式を重視するのに対して、バランスコースでは債券権を重視するということです。(それぞれ、7:3の比率)

投資経験のある人には常識だと思いますが、株式の方が債券に比べてリスクもリターンも大きいので、株式に多く投資する方が「アクティブ」、債券重視の方が「バランス」となっています。

「ポイント運用」はアクティブコースとバランスコースのどちらを選ぶべきか?

楽天ポイント運用では、アクティブとバランス、どちらのコースを選ぶべきでしょうか。

結論からお伝えすると、2021年現在ではアクティブコースの方がおすすめです。

ここ数年、日経平均株価やNYダウを始め、世界の株価は右肩上がりを続けています。

そのうちバブルが弾けるかもという悲観的な見方もありますが、少なくとも現状は、債券よりも株式の方が、つまり、バランスコースよりもアクティブコースの方が儲かることに間違いありません。

僕の楽天「ポイント運用」実績

実際に、僕の実績をご紹介します。

僕は2019年8月から楽天ポイント運用を利用しています。

楽天ポイントを多めに獲得した月などに、1回100ポイント~500ポイント程度をちびちびと追加しているのですが、その結果です。

アクティブコースの運用実績

まず、アクティブコースがこちら。

楽天ポイント運用実績(アクティブコース)

4,400ポイントを運用した結果、現在5,476ポイントとなっており(+1,076ポイント)、運用益は24.4%というかなり高い数字になっています。

※画像上部はアクティブコースとバランスコースの合計です。
アクティブコースの実績は下部の方です。

バランスコースの運用実績

一方でバランスコースの数字はこちらです。

楽天ポイント運用実績(バランスコース)

2,700ポイントを運用し、現在2,947ポイント+247ポイント)、運用益は9.1%です。

バランスコースで運用しているポイントが少ないというのもありますが、アクティブコースと比べると、かなり低い数字になっています。(運用益9%というのは、通常の投資で考えると良い数字ではありますが…。)

まとめると、このような実績になっています。

コース元本運用中ポイント利益運用益
アクティブコース4,400pt5,476pt1,076pt24.4%
バランスコース2,700pt2,947pt247pt9.1%
合計7,100pt8,423pt1,323pt18.6%

このように実績からみても、楽天ポイント運用はアクティブコースを選択すべきということがはっきりとわかります。

まとめ

楽天「ポイント運用」は、楽天ポイント(通常ポイント)を投資信託のように運用し、ポイントを増やすことが出来るサービスです。(ポイントが減少するリスクもあります。)

コースは株式を重視する「アクティブコース」と、債券を重視する「バランスコース」の二つから選択可能ですが、現在の情勢を踏まえると、「アクティブコース」を選択する方が、ポイントを増やせる可能性が高いと考えられます。

実際のお金とは違い、楽天ポイントであれば、失っても精神的ダメージは少ないです。

それに現状、ほぼ確実にポイントが増えるので、何もせずに楽天ポイントを保有しているよりはよっぽどお得ですね。

そして慣れてきたら、「楽天ポイント投資」で楽天ポイントを実際の投資信託や株式に変えるというのもありです!(僕も「ポイント投資」も並行で利用しています。)

楽天ユーザーは、ぜひ利用してみて下さい。

投資 楽天
スポンサーリンク
よろしければクリックをお願いします
にほんブログ村 その他生活ブログ 貯金(個人)へ  節約・貯蓄ランキング
ひろしをフォローする
東大卒零細リーマンの貯金ブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました