仮想通貨(暗号資産)の中毒性が高過ぎる!

仮想通貨、ヤバいです。

3月に初めて、アルトコイン(ビットコイン以外の仮想通貨)を購入して以来、すっかりハマってしまいました。

ちなみに最近は仮想通貨ではなく、暗号資産という呼び方が正しいようですね。

買い増した仮想通貨(暗号資産)

3月の資産報告でお伝えした、僕が保有している仮想通貨(暗号資産)は下記の通りでした。

・ビットコイン:35万円 
・エンジンコイン:100万円

ここに新しく2種類のアルトコインが加わっています。

ひろしの仮想通貨(暗号資産)保有状況

・ビットコイン:35万円 
・エンジンコイン:100万円
IOST(アイオーエスティー):16万円分購入 ←New!
WINk(WIN):10万円分購入 ←New!

合計26万円分の仮想通貨(暗号資産)を追加購入しました。

今の僕が、貯金を切り崩して仮想通貨に投資するのは、これぐらいが精一杯です。

果たしてこの投資が成功するのか失敗するのか、それは4月の資産報告のタイミングまで楽しみにお待ちいただければと思います。

仮想通貨(暗号資産)のチャートを見るのが楽しい

「ハマっている」と言うのは、投資金額を増やしたことだけを指しているわけではありません。

自分が投資した仮想通貨(暗号資産)のチャートを見ることにハマっています。

仮想通貨(暗号資産)は短期間で価値が急上昇・急降下します。

1日で価値が10%、20%上がることもザラにあります。(その逆もまた然り)

上がっているときのチャートって、こんな感じですからね。

仮想通貨(暗号資産)のチャート

なのでチャートを追って、資産がどんどん増えて行く様子や、逆に一気に目減りしているところから、目が離せなくなるのです。

・価値が上がっているとき⇒「このままどんどん上がっていけー!」
・価値が下がっているとき⇒「頼む!ここで下げ止まってくれ!」

こんなことを考えながら、ただただチャートをずっと眺めてしまいます。

ハッキリ言って、これは完全な時間の無駄です。

なぜなら、僕は「短期で勝負しない」と決めているからです。

僕のような知識も才能もない人間は短期で勝負しても失敗する、ガチホこそが生きる道だと、既に学びました。

したがって、チャートを見て一喜一憂しても、その場で売買しないから意味がないのです。(さすがに、一気に100倍とかになったら、その場で売っちゃうと思いますけど。)

・・・。

それでも、暇さえあるとチャートを見てしまうんですよね。

これが仮想通貨(暗号資産)の恐ろしいところです。

というわけで、改めて思います。

ただし、仮想通貨(暗号資産)はあくまでも、余剰資金で取り組むべきです。

これまで続けてきた堅実な資産形成を続けつつ、余裕のある範囲で、仮想通貨(暗号資産)で一発逆転も狙いたいと思います。

ああそれにしても金が欲しい

コメント

タイトルとURLをコピーしました