転職して年収は上がったのか

昨年末に12月の給料を受け取り、2019年度の給料が全て出揃ったので、
年収がいくらになるか計算してみました。

結果としては、550万円程度でした。


※去年は1月~5月まで残業が多かったので、その期間の給料が少し多めです。
今年はもう少し下がってしまうことが予想されます。

ただし、役職手当がもらえるので、その分でどれだけカバー出来るかですね。

▼役職手当の金額はこちら
昇進の話をいただきました

ちなみに、上記の年収の中には、投資の利益は含めていません。

といっても、確定申告をする必要がないくらいの、微々たる利益です。
来年以降は、投資でももっと稼げるようになりたいものです。

転職前との比較

ここで、転職前と比べて年収(給料)が上がっているのかどうか、考えてみました。

僕は2018年の途中で転職したため、2018年の年収は、
転職前と転職後の会社のものが混じっている状況でした。

そこで、2017年の年収と2019年の年収を比較します。


・2019年・・・約550万円
・2017年・・・約420万円


というわけで、転職後の圧勝でした。

転職によって、約130万円年収が上がったということになります。(月平均10万円以上!)


実は、毎月のベースとなる給料は、転職前後であまり変わりません。

ただ、以前の会社が年俸制という名のサービス残業制&ボーナスなしだったのに対して、
今の会社は残業代は満額支給、ボーナスも雀の涙ですが、夏冬2回支給されます。

▼参考
残業代という禁断の果実
【報告】冬のボーナスが出ました

あとは資格取得した際の報奨金だったりと、細かい部分で大きな差になっているのです。

しかも、転職前より勤務時間はグッと減っていますからね。
(転職前はサービス残業の嵐。土日に出社することもあり。)


転職するかどうかすごく迷いましたし、転職活動はなかなか大変でしたが、
結果的に、転職して大正解でした。

僕が転職活動に利用したサイト

参考までに、僕が転職活動に利用したサイトはdoda(デューダ)」です。

たまたま気になる求人が載っていたというのが大きいのですが、
エージェントが色々アドバイスをしてくれて、活動を進める上でとても助かりました。

転職を迷っている方は、まずは登録だけしてみることをお勧めします。

転職サイトはdoda


登録して色々案内が届いたり、どんな求人があるのかを眺めていると、
自然と転職に対するモチベーションが上がってきますよ。

それで本当に転職したくなったら、勢いで転職しちゃえば良いと思います。

※結果に対する保証は出来ません。自己責任でお願いします。


僕自身は本当に、転職して良かったと心から感じています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました