お金の失敗事件簿①:新宿のぼったくりキャバクラ

東京で15年も暮らしていると、色々な経験をします。

その中には、お金を失う、痛い経験もあるものです。


5年以上前のことです。

その日、僕は新宿の立ち飲み居酒屋で、1人ヤケ酒を飲んでいました。

理由は、デートの約束をしていた女性にドタキャンされたこと。

待合せ場所に向かうも、その女性は一向に現れず、連絡すらよこしてくれませんでした。
(出会い系などではありません。合コンで知り合った女性です。)


仕方なくヤケ酒を飲むも、酔っ払ったせいもあり、
「このまま帰りたくない。女性と話したい。」という感情が芽生えて来てしまいました。

そこで、居酒屋を出た僕は、キャッチのお兄さんに話しかけます。


ひろし「1万円以内で、かわいい子がいるお店ありますか?」

キャッチ「良いとこありますよ。1時間6000円で大丈夫です!」

ひろし「本当にかわいいんですか?」

キャッチ「まかせてください!」


こうして、僕は生まれて初めて、新宿のキャバクラに足を踏み入れた。

感想としては、、普通

内装が豪華なわけでもない、女性が取り立ててかわいいわけでもない。

内心「大したことないじゃないか!」と思ったが、それでもまあ、
それなりに楽しく飲んでいました。


そうこうするうちに時間が来て、黒服が持ってきた伝票を見ると、

30000円!!


最初の話と全然違う!

僕は瞬時に「騙された!」と思いました。

混乱とお酒のせいで頭がうまく回っていなかったので、明細をきちんと見ていませんが、
指名料やらドリンク代が加算されていた気がします。

そんなもの、全く注文していないのに!


でも、そこで抵抗する勇気はありませんでした。

そして、お金はもっとありませんでした。

財布の中身は、20000円弱。。

仕方なくカードで支払うと、手数料として1割の3000円を追加で取られました。。。


こうして、傷心の僕は、さらに心の傷を深めた状態で、泣く泣く帰宅したのです。


学んだことは2点。

・新宿のキャバクラだけは行ってはいけない。

・夜の街で性善説なんて通用しない。キャッチの男の言葉は信用してはいけない。


とても高い授業料でした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました