冬場は寝るときにエアコン(暖房)を切った方が良いのか?【節約】

冬の寒い夜、エアコン(暖房)をつけて過ごす方がほとんどだと思います。

そんなとき気になるのが、寝るときにエアコンを切るか、それともつけっぱなしにした方が良いのかということです。

結論から言うと、「テレワーク(在宅ワーク)を行っている人は、夜寝るときにエアコンの電源を切った方が良い。」と思います。

寝るときにエアコン(暖房)を切った方が良い理由

理由は、エアコンを切った方がお金の節約になるからです。

「寝るときに暖房をつけていると感想して喉が辛い」という意見もよく聞きますが、今回はあくまでも経済的な観点で、暖房を切ることをおすすめします。

「暖房を切った方が節約になるのは当たり前」と言われるとその通りなのですが、コロナ禍でテレワークが増えて来ている昨今、その節約効果がさらに高まっているのです。

どういうことか、寝るときにエアコンをつけっぱなしにした場合と、消した場合で説明しましょう。

寝るときにエアコン(暖房)をつけっぱなしにした場合

朝目を覚ますと、部屋の温度は当然ながら、エアコンの設定温度です。

外の気温は関係ありません。

顔を洗って、朝ごはんを食べて、それからテレワークを開始することになりますが、この間、エアコンはどうなるでしょう。そう、つけっぱなしですよね。

朝起きてから、あえてエアコン(暖房)を消すことはしないと思います。

部屋の中が快適な設定温度に保たれているわけですから、自分からその環境を破壊しにいく動きはとらないでしょう。

結果、その日は1日中エアコンをつけていることになるでしょう。

そして夜寝るときにもエアコンをつけっぱなし、というループになれば、基本的にエアコンをずっと稼働させ続けていることになります。その分、電気代がかかります。

寝るときにエアコン(暖房)を切った場合

朝目を覚ますまでは同じです。

布団から出ると、恐らく以下の2パターンになるでしょう。

(1)寒いからエアコン(暖房)をつける
(2)寒いと感じないからエアコン(暖房)をつけない

(1)の場合は、その後1日中エアコンを使うことになるので、寝るときにエアコンをつけっぱなしにしているケースと、日中の電気代はあまり変わりません。

しかし(2)のケースでは、寒くなる夜にエアコンをつけるとしても、それまでの間の10時間くらいの電気代を節約することが出来るのです。

今年は暖冬ということもあり、実際に僕はエアコンをつけずにテレワークしている日も結構あります。

つまり、寝る前にエアコンを切ることで、翌日惰性でエアコンをつけっぱなしにするということがなくなり、結果として、日中の電気代を節約することが可能になるということです。

まとめ

冬、寝る前にエアコン(暖房)を切った方が電気代の節約になります。

それは寝ている間だけの話ではなく、翌朝目が覚めた後の電気代の節約にもなり得ます。

コロナ禍でテレワークが増えている昨今、日中の電気代もバカにならないので、以前にも増して、その節約効果は高まっていると言えるでしょう。

「そうは言っても寝るときにエアコンを切ると寒い」という方は、タイマー機能を使いましょう。

僕は寝るときはタイマーで2~3時間後に切るように設定しています。一度眠りに落ちてしまえば、途中で暖房が切れても、寒さを感じることはほとんどありません。(少なくとも僕の場合は。)

ただし人によって住んでいるエリアの気温も違えば、寒さの感じ方も違います。自身の体調に合わせて、くれぐれも無理のないように過ごしましょう。

節約
スポンサーリンク
よろしければクリックをお願いします
にほんブログ村 その他生活ブログ 貯金(個人)へ  節約・貯蓄ランキング
ひろしをフォローする
東大卒零細リーマンの貯金ブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました