敷金は高い方が良い

引越しで新しい物件を探すとき、敷金と礼金を気にしますよね。

敷金・礼金の有無、設定期間(賃料の1ヶ月なのか2ヶ月なのか)によって、
初期費用が大幅に変わってきます。

仮に家賃8万円の物件に引越す場合、
敷金・礼金なしの物件と、敷金2ヶ月・礼金2ヶ月の物件だと、
初期費用に32万円もの差が付くことになります。


なので通常、引越しの際には敷金も礼金もなるべく安い物件を探すと思います。

しかし、過去に5回の引越しを経験した僕の持論では、敷金は高い方が良いです。

なぜなら、敷金は退去時に返って来るから。


正確に言うと、 敷金から、退去時に必要な修理費・クリーニング費を引いた金額が返却されます。

部屋を綺麗に使って、修理費・クリーニング費が安ければ沢山返ってきます。

逆に部屋の破損・汚損が酷い場合は、敷金が返って来ないこともあります。


いずれにしてもポイントなのは、退去時に必要なお金は変わらないということです。

退去時の修繕に10万円必要だとして、
敷金を16万円払ってあれば6万円返ってきますし、
敷金0円で入居していれば、10万円を丸々支払わなければなりません。


敷金は預り金、という言われ方もしますが、僕は「敷金は貯金」だと捉えています。

前もって貯金しておくことで、将来の出費に備える。

僕の性格的には、この方が安心するのです。

もしかしたら、何らかの事情で将来、退去時にお金に困っている可能性もありますからね。


ちなみに僕がこれまで入居した物件は、敷金1ヶ月分 or 2ヶ月分でしたが、
敷金が一部でも返って来なかったことはないですね。

退去時って、次の物件への引越しでお金が必要なタイミングなので、
ここで僅かでも返って来るのはありがたいものですよ。


もちろん、今現在お金に困っているのであれば、
初期費用を少しでも抑えるために敷金0円の物件を探すのも良いと思いますが、
余裕がある方は、敷金なしにこだわる必要はないのではないでしょうか。


なお、礼金は全く返ってこないお金です。

「礼金とは部屋を貸してくれた大家さんに対して、お礼の気持ちを込めてお渡しするお金」
だそうですが、謎ですよね。

部屋を借りる対価として家賃を払っているのに、
なぜプラスアルファで「お礼」のお金を渡さなくてはならないのか。

ぼったくり感が否めないです。

礼金は極力安い物件を選びましょう。

コメント

  1. やすらぎ より:

    ランキングから来ました。
    その通りです。今まであまり礼金は支払っていないように
    思います。再確認できました。ありがとうございます。

    • ひろし ひろし より:

      やすらぎさん、訪問とコメントありがとうございます!
      うれしいです!

      礼金はなるべく払いたくないですよね。
      僕はもうすぐ引越しをするので、良い物件を見つけたいと思います。

タイトルとURLをコピーしました