転職して2年で年収420万円⇒600万円にアップ!【180万増】

2020年の源泉徴収票が届きました。

僕は確定申告をするような副収入がないので、これで2020年の年収が確定したことになります。

2020年度年収

2020年の年収はちょうど600万円です。

ようやく600万円に到達することが出来ました。

この数字、少ないと思う人もいると思いますが、僕としては1つの目標にしていたので嬉しいです。僕のような凡人にとっては、大きな数字です。

思えば、3年前にブラック企業で働いていたときの年収(年俸)は420万円でした。

しかもそのときは、6年間の勤続の中で昇給は一切なし。

20代前半のときの年収が、30歳を超えても全く増えていなかったのです。

かつ、年俸制という名目のもとに、毎日0時を超えるまで残業しても、残業代は一切なし。(サービス残業)

あの頃はあの頃で楽しさ・やりがいを感じている面もあったのですが(最後はパンクしましたけど)、やっぱり転職して良かったと思います。

収入が増えたのもそうですが、まともな時間に家に帰れるようになったのが何より大きい!

転職サイトはdoda

年収推移

ここで、僕の年収の推移をまとめておきます。

ひろしの年収推移

・2016年以前:420万円
・2017年:420万円
・2018年:480万円 ※6月に転職
・2019年:550万円
・2020年:600万円

転職を機に、ようやく年収が増え、順調に昇給出来たことがわかります。

本当に、転職するまで昇給がなかったというのは、よく考えると異常ですね。

ちなみに、新卒で入った会社(2年で辞めた)も同じくらいの年収でした。ブラック企業に転職する際、「前の会社と同じ金額を保証して欲しい。」とお願いしましたから。

ただこのときはお金に無知・無頓着だったので、昇給のことはあまり考えていませんでした。(新卒の会社は大手だったので、当然昇給もボーナスもありました。)

2021年度年収の見通し

転職してここまで順調に収入が増えましたが、2021年度はこれまでのようには伸びません。

というのも、2020年の年収が50万円増えた主な理由は、役職手当2万円が大きいからです。

これだけで2万円×12ヶ月=24万円

それに加えて、若干の昇給(約1万円)や残業代の兼ね合いで、年収50万円アップ(2019年度に対して)を達成出来たのです。

一方で、2021年度はそこまでの伸びしろがありません。

恐らく、4月に少し昇給することは出来る見通しです。

昇給額は恐らく1万円~1万5,000円程度でしょう。

となると、5月~12月の8ヶ月分の給与が今年より増えることになるので、年収としては8万円~12万円程度の上積みになるという、単純計算です。

したがって、2021年度の年収の予測は610万円程度

一気に伸び率が悪くなってしまいますね。

ただまあ、これが現実。昇給するだけでもありがたいことです。

一大決心して転職をして、人生が変わったと実感しています。

ここからさらに年収を1段階上げるためには、僕自身に何らかの変化が求められます。

より上の役職に就く、また転職をする、副業を始める、等・・・。

年間200万円ぐらい稼げる不労所得が欲しい(笑)

転職サイトはdoda

コメント

タイトルとURLをコピーしました