2020年資産増減のまとめ

自分のお金の流れを把握しておくことはとても重要です。

どれくらいの収入があり、いくらぐらい使ったのか、そしていくら資産が増減しているのか・・・。

そこで今回、2020年に僕の資産がどのくらい増減したのかをまとめておきます。

なお、半年経過時点(2020年6月末)時点では、資産を約110万円増やすことが出来ておりました。

そこから資産はどのように推移したのでしょうか。

ひろしの2020年の年間資産増減表

毎月月末に資産報告を行っているので、まとめるのは簡単です。

2019年12月末の報告と、2020年12月末の報告を比較し、増減を表にまとめました。

2019年12月2020年12月資産増減
貯金320万円464万円+144万円
投資信託79万円218万円+139万円
確定拠出年金16.5万円47万円+30.5万円
ビットコイン4.5万円16万円+11.5万円
借金-72.5万円-57.5万円+15万円
合計347.5万円687.5万円+340万円

結果として、2020年の1年間で、340万円資産を増やすことが出来ました。

これは僕にとってはかなり良い成果です。

下半期だけで200万円以上、増やすことが出来たということですね。

ただし、1つだけ注意が必要なポイントがあります。

それは今ある貯金のうち、20万円近くは次回のクレジットカード引落しで消えてしまうということ。

なので実質は、トータルで320万円増ということでしょうか。

それでも毎月26万円以上資産が増えているということになりますので、やはり僕にとってはかなり頑張った方だと思います。

毎年このぐらいのペースで資産を増やすことが出来れば、ひとまずの目標である2000万円も約6年で達成出来るという計算です。

素晴らしい。

・・・ただ、2020年は正直、出来過ぎだったと思います。

次回の記事では、僕がなぜ340万円の資産増に至ったかを検証したいと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました