こち亀、両津勘吉のボーナス額【画像あり】

大人気漫画「こちら葛飾区亀有公園前派出所」の主人公、両津勘吉。

彼のボーナス額、手取りでどれくらいもらっているか、ご存知でしょうか。

この話、今年ネットで話題になっていたらしく、手取りで83万円とされています。

結構すごい金額ですよね。

▽参考 ※外部リンク
【画像】30年前の両津勘吉のボーナス、手取りで83万円


これを見てみんなは、「さすが公務員だな。」とか、「バブルはすごい。」などと騒いでいます。


でも、大のこち亀フリークである僕から言わせると、
両さんの最新のボーナスはこんなもんじゃないです。

実際いくらのボーナスを貰っているのか、順を追って説明しましょう。

第53巻「ボーナス争奪戦の巻」

第53巻「ボーナス争奪戦の巻」

このときの両さんのボーナスは、10万円金貨4枚。

10万円金貨をいくらで購入したかは明記されていませんが、恐らくそのまま10万円で購入したと思われます。

ということは、4枚で40万円

この年は、両さんにしてはボーナスが少なめです。減給が多かったのでしょうか。

第77巻「給料を追えの巻」

第77巻「給料を追えの巻」

これがネットで話題になっていた、両さんのボーナス83万円の根拠です。

月給の約2.6ヶ月分。なかなかもらっていますね。

そもそも両津は全然お金がないイメージですが、毎月手取り32万円前後というのも、
思っていたより多い気がします。

それにしても、たった24巻の間でボーナスを倍にするとは、両津勘吉恐るべし・・・。

第78巻「ネオ・ボーナス争奪戦の巻」

第78巻「ネオ・ボーナス争奪戦の巻」

これもネットに同じ写真が上がっていました。

77巻の時とほとんど同じで、約83万円です。

ちなみに、77巻は夏のボーナス、78巻は冬のボーナスです。
さすが公務員、安定してボーナスをもらっていますね。

年間で5ヶ月分以上かぁ。羨ましい・・・。

第145巻「ボーナス争奪戦‘04の巻」

第145巻「ボーナス争奪戦‘04の巻」 (1)

時は流れに流れて、一気に145巻まで飛んでしまいます。

おや?ボーナスが8万円??

両津勘吉、以前よりめちゃめちゃボーナス下がってるじゃないか!!

でも、ちょっと待って下さい。

プラモ屋のおやじ、ずっと鋭い眼光をしている上に、意味ありげなことを言っていますね・・・。

第145巻「ボーナス争奪戦‘04の巻」 (2)

そうです!

実は両津には別の収入源があったのです!

神田の老舗寿司店「超神田寿司」の板前として、ボーナス300万円を稼いでいるのでした。

警察官のボーナスと合わせると、308万円です!

さすが我らが両さん、桁が違いますね!


ということで、こち亀で追える限りの両さんのボーナス額は、MAX308万円でした。

う~ん、羨ましい!

(当然ながらこのボーナスは両さんが使う前に、両さんの手元から消えてしまいます。)

コメント

タイトルとURLをコピーしました