自作コーヒー(カフェラテ)1杯の値段。スタバやコンビニは贅沢。

僕の家での楽しみは、甘いカフェラテを飲むこと。

お菓子はほとんど食べないので、甘味はもっぱらカフェラテから摂っています。

自分でカフェラテを作ると安上がりだし、自分の好みの味で作ることも出来るのでとてもおすすめです。

自作カフェラテの材料と値段

用意するものは以下の5つです。

・インスタントコーヒー
・ガムシロップ
・牛乳
・お湯
・氷

※僕はホットの飲み物が好きではないので、100%アイスカフェラテを作ります。

インスタントコーヒー

僕がよく買っているのはこれ、「AGF MAXIM (マキシム) 180g」です。

理由は安いからです。

OKストアでは、553円(税抜)で買えました。

これで90杯分つくれるということは、1杯約6円ですね。

僕にはインスタントコーヒーの味の違いなんてわからないので、これで十分なのです。

ガムシロップ(シュガーシロップ)

ガムシロップはスジャータめいらくグループの「シュガーシロップ 9g×50個」を買っています。

これの50個入りのやつ。

こちらもOKストアで販売しており、価格は249円(税抜)と言う安さ!

1杯につき1個を使っているので、1杯分の値段は、約5円です。

牛乳

牛乳は調達するお店によって価格が違うのですが、OKストアで購入した際は、1000mlで162円でした。都内のスーパーだと、200円以内ならまあ許容範囲かなと考えています。

僕はカフェラテ1杯にミルクを90ml程入れるので、1杯約15円といったところですね。

お湯・氷

お湯と氷は水道水で作ります。貧乏&違いのわからない舌なので。

1杯につき1円もかかっていないでしょうね。

自作カフェラテ1杯の値段

以上より、カフェラテ1杯の値段がはじき出せます。

・インスタントコーヒー:6円
・ガムシロップ:5円
・牛乳:15円
・お湯&氷(水道水):1円

全部合計すると、カフェラテ1杯で27円(税抜)という計算になりました。

消費税8%(軽減税率)を加味しても、1杯30円という激安価格!

やはりお店で買わずに自分で作ると違いますね。

なお、見た目はこんな感じ。ミルクをたっぷり入れているので、甘そうな色合いです。

自作のカフェラテ30円

実際、かなり甘いです。

昔はガムシロップを2つ入れていたのですが、糖尿病のリスクを考えて、今は1つで我慢しています・・・。

雑学:カフェオレとカフェラテの違い

ちなみに「カフェオレ」と「カフェラテ」の違いって何でしょうか?

いつもわからなくなってしまいます。

両方ともコーヒーとミルクを混ぜて作る点は同じですが、調べたところ、下記の違いがあるようです。

カフェオレカフェラテ
言語フランス語イタリア語
コーヒードリップエスプレッソ
コーヒーとミルクの割合50%:50%20%:80% ※ミルク80

僕が自作しているものはどちらか悩みましたが、コーヒーについてはインスタントを使っているのでよくわからず、ミルクの比率的に「カフェラテ」としています。

まとめ

僕が普段飲んでいる自作カフェラテの値段は約30円です。

こう考えると、コンビニで200円近いカフェラテを買ったり、ましてやスターバックスのスタバラテ(Shortサイズでも340円)を飲むのはかなり贅沢なことだとわかりますね。

もちろん、「贅沢だから無駄遣いだ。良くない」と言っているわけではないですよ。

僕にとっては贅沢だから、女性とのデートとか、他人に奢るとか、そういうイベントでもない限り、自分一人では飲まないということです。

僕の場合は1杯30円のカフェラテがお似合いだし、それで十分満足です。

ただし、お金があれば、たまにはスタバのフラペチーノを食べたいのもまた本音です(笑)

コメント

タイトルとURLをコピーしました