ひろしの手取りは実質13万円!?

少し前に、「手取り14万円」論争が話題になりましたね。

ある方がTwitterで 、
12年勤務して手取14万円。日本終わってますよね?

と投稿したことに端を発し、ホリエモンが

日本がおわってんじゃなくてお前がおわってんだよ。

と返信したアレです。

貧乏は自己責任か否か、という論争が巻き起こりました。


そんな中で、ある別の方が興味深い投稿をしていました。

手取り金額を嘆く人間がいるが、前提条件によって色々変わってくる。
一人暮らしなのか実家暮らしなのか、東京なのか地方なのか、
そういう前提を抜きにしては議論が成立しない。

うろ覚えですが、確かこんな感じのことをおっしゃっていました。

これは本当にその通りで、前提条件によって、
その手取りが多いか少ないか(充実した生活が送れるか否か)が変わってきます。


僕の場合、「東京で一人暮らし」生活を送っています。

そして、毎月の固定収支はざっくりまとめるとこんな感じです。

  • 手取り:30万円
  • 家賃:▲12万円
  • 水道光熱費: ▲ 1万円
  • 食費: ▲ 3万円
  • 奨学金返済: ▲ 1万2500円

▼参考
給料日なのに5万円しか残らない
僕が家賃12万円の物件に住んでいる理由


これを今年話題のこどおじ(子供部屋おじさん)と比べたらどれだけ違いがあるか。
(こどおじじゃなくて実家暮らしでも良いです。こどおじを使いたかっただけです。)

こどおじの場合は、上記の家賃~食費が一切かかりません。
(わかりやすくするため、ここでは、家に全くお金を入れていない前提で比較します。)

また、奨学金を借りていない場合は、奨学金返済も不要です。


ということは、僕の手取り30万円は、こどおじの約13万円と同等ということになります。

言い換えると、こどおじの人は13万円の手取りがあれば、
僕と同等の生活を送れるということになります。


いや~、悲しいですね。
僕の場合、自分が東京にいたいから仕方ないんですけどね。

手取り論争の前に、他の条件を確認しないと始まりませんよ、というお話でした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました