漫画を読む端末はKindleとFireタブレットのどちらが良いか?

最近、AmazonでKindle版の漫画を購入して読んでいます。

僕はこれまで、一般書籍をKindle版で読んだことはありましたが、漫画をKindle版で読んだことがなかったのです。

そして、わかったことがあります。

Kindle版の漫画を読むには、Kindle端末とFireタブレット端末のどちらが良いか?」ということです。

この質問に対する解を、順を追って説明しましょう。

比較に使った端末

僕が持っている端末はこちらです。

Kindle端末

Kindleに関しては「Kindle Paperwhite マンガモデル、電子書籍リーダー、Wi-Fi 、32GB、ブラック」です。広告なしで、Wi-Fiが使えるタイプのものです。

当時の購入価格は14,280円でした。

※上記は「広告あり」モデルなので、僕が持っているものとは異なります。

Fireタブレット

Fireタブレットの方は「Fire 7 タブレット (7インチディスプレイ) 16GB」です。

Amazonプライムデーに購入したので、3,280円というかなりお得な金額で購入出来ました。

FireタブレットはAmazonプライムデーには毎回、2000円引きなどの安売りをしています。漫画を読めるだけでなく、プライムビデオの視聴やゲームにも使えるので、3000円程度で買えるのであれば、買ってみて損はないと思います。

こんな優れた機器が、3000円ですからね!

もちろん、KindleもAmazonプライムデーにはかなり安くなりますので、狙い目です。

比較画像

本題の、「Kindle版の漫画を読むには、Kindle端末とFireタブレット端末のどちらが良いか?」についてですが、実際の画像を見てもらった方が早いです。

カラーページを比較するとこんな感じ。

Kindle PaperwhiteとFire 7 タブレットの比較、カラー
左: Kindle Paperwhite マンガモデル  右:Fire 7 タブレット

モノクロのページは下記の通り。

Kindle PaperwhiteとFire 7 タブレットの比較、モノクロ
左: Kindle Paperwhite マンガモデル  右:Fire 7 タブレット

結論

一目瞭然で、漫画はKindle端末よりもFireタブレット端末の方が読みやすいです。

実はそもそも、Kindle端末はモノクロでしか表示できないんですよね。上記のカラーページを比較すると、圧倒的にFireタブレットの方が魅力的に見えますよね。

また、Kindleは目が疲れないように、紙に近い感覚で読めるように作られています。ブルーライトを抑えつつ、光もフロントライト方式を採用しています。

これはこれで、活字の本などを読むときには良いのでしょうけれど、漫画を読むと、ちょっとぼんやりして見えてしまいます。特に、普段スマートフォンで漫画を読むことに慣れてしまっていると、そのように感じやすいのではないでしょうか。

僕は今後も、漫画はFireタブレットで、活字の本はKindleでと使い分けながら、電子書籍ライフを楽しんでいきたいと思います。

2020年のAmazonプライムデーはいつ?

Amazonプライムデーは過去、毎年7月に開催されて来ましたが、2020年は9月に延期と報道されています。

理由は新型コロナウイルスによる注文増で、Amazon側が対応に追われているからとのです。こんなところにもコロナの影響が。

あと2ヶ月、気長に待つことにしましょう。

小ネタ
スポンサーリンク
よろしければクリックをお願いします
にほんブログ村 その他生活ブログ 貯金(個人)へ  節約・貯蓄ランキング
ひろしをフォローする
東大卒零細リーマンの貯金ブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました