Amazonプライムの年会費請求は忘れた頃にやって来る。次回請求日の確認方法は?

ぐあぁ・・・。

まさかこのタイミングとは思っていませんでした。。

先日、楽天カードから謎の利用通知があったのです。

金額は4900円

これは一体何なのか。全く身に覚えがありません。

楽天カードはカード利用を速報してくれるのはありがたいんですけど、これだけだと何に支払ったのかが全くわからないんですよね。クレジットカードを悪用されていても気付かないような・・・。

後日、楽天カードアプリの明細を見て判明しました。

これはAmazonプライム会員年会費の利用だったのです。

そうか、6月だったのですね。完全に失念していました。

Amazonプライム会員費の請求は年に1回だから、いつも忘れてしまうんですよね。

予定外の出費でした。

Amazonプライム年会費の次回引落し日を確認する方法

来年は年会費の請求タイミングを忘れないため、Amazonの次回引落し日が確認出来るページがないか、調べてみました。

すると、Amazonのサイト上で確認出来ることがわかりました!(当たり前ですよね。)

①Amazonトップページ右上の「今すぐ確認 プライム」をクリック

Amazonトップページ

②Amazonプライムのトップページで、メニューにある「Amazonプライム会員情報」をクリック

Amazonプライムトップページ

③Amazonプライム会員情報ページで、メニューにある「会員資格更新日」を確認

Amazonプライム会員トップページ

この「会員資格更新日」が次回の請求タイミングになるということですね。

「会員資格更新日」までにAmazonプライムを解約しなければ、また年会費が請求されることになります。解約したい場合は、要チェックです。

Amazonプライム会員更新前に通知メールを受け取る方法

また、初めて知ったのですが、Amazonプライム会員が更新される前に通知メールを受け取ることも出来るようです。

Amazonプライム会員管理ページ

「管理する プライム会員情報」というメニューの中に、「更新前にお知らせを受け取る」という項目がありました。ここにチェックを入れておけば、事前に通知メールが届くのですね・・・。

それをもとに、更新するか否かを判断すれば、今回のように突然の請求に驚くことはなさそうです。僕も早速チェックしました。

Amazonプライム年会費の金額について

上で書いた通り、Amazonプライム会員の年会費は4900円です。(2020年6月現在)

でもこれ、国によって金額が違うってご存知でしたか?

日本では4900円ですが、他の国は違うのです。

先日こんな記事を見つけました。

米国や英国の2分の1以下!日本のアマゾンプライムが格段に安いわけ

こちらによると、海外のAmazonプライム年会費はこんな感じ。

・アメリカ:119ドル(約1万3000円)
・イギリス:79ポンド(約1万1000円)
・ドイツ :69ユーロ(約8400円)

こう見ると確かに、日本の4900円は格安ですね。

月に400円ちょっとで、沢山のサービスが受けられますから。

僕の場合は、プライムビデオやKindleも利用させていただいていますし、最近はプライムミュージックで音楽を聞いたりもしています。

来年もきっと、アマゾンプライム会員を更新することになることでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました