【キャッシュレス決済で判明】30代独身男の1ヶ月の正確な食費

以前お伝えした通り、ここ1ヶ月以上は現金を使うことなく、キャッシュレス生活を送ることが出来ています。

そこで、ふと気付きました。

今なら、自分が1ヶ月の食費にいくらかけているのか、正確にわかるのではないかと。

実際、5月の食費は楽天カード(楽天Payの支払い元に設定)とPayPayでしか支払っていないので、その記録を見れば食費が割り出せます。というわけで、やってみました。

ひろしの1ヶ月の正確な食費

▼ひろしの2020年5月度食費(日別)

日付金額決済方法
5月4日3,201PayPay
5月10日4,526楽天Pay
5月10日428PayPay
5月17日3,899楽天Pay
5月22日298楽天Pay
5月22日1,203PayPay
5月30日813PayPay
5月31日3,411楽天Pay
合計¥17,779

ご覧の通り、2020年5月の食費は17,779円ということでした。

お酒代を含めてこの金額ですからね。思っていたより食費が少ないことが判明しました。

以前1週間の食費は5000円と報告していたので大きなズレはなく、ほぼほぼ想定内とも言えます。

困ったときには松屋の「牛めしの具」を使っている

僕の食費を見た方の中には、「本当にその金額で足りているの?」と思われる方もいるかもしれません。

実は、先行投資として、5月以前に購入してあった食材も消費しています。

それが松屋の「牛めしの具」です。

定期的に開催されている半額セールを利用すれば、1食200円未満という激安で牛めしの具が食べられるという超お得な一品。

楽天では今も半額セールをやっていますね。6月11日までのようです。

これはご飯にもなるし、酒のつまみにもなる最高の一品で、僕はストックがなくなるたびに、半額のタイミングを見計らって買い足しています。

ちなみに酒のつまみとして食べるときには、ニンニクも用意するとなお良しです。テレワークだとニンニク臭を気にする必要もないですしね!笑

まとめ

僕の2020年5月の食費は17,779円でした。(アルコール代も含む。)

30代1人暮らし男性としてはかなり少ない方だと思いますが、テレワークかつ自炊をしていれば、そんなに無理しなくても、食費は抑えられるということがわかりました。

キャッシュレス決済だと、家計簿をつけるまでもなく、正確な食費が確認出来てとても便利ですね!

コメント

タイトルとURLをコピーしました