暑い季節におすすめ!冷奴に超絶マッチするおすすめの調味料とは!?

冷奴はお好きでしょうか?

僕は最近、お酒のつまみとして食べる冷奴にハマっています。

子どもの頃は豆腐はどちらかと言えば嫌いな部類だったのですが、それがまさか、自分から進んで食べるようになるとは、人間って不思議ですね。

年を取ったということなのか、それともお酒好きが僕の嗜好を変えたのか…。

さっぱりした冷奴は、暑い時期にピッタリですね。

冷奴を食べるときに重要なのが、薬味や調味料です。

王道は、生姜+醤油+刻みネギ(+鰹節)と言ったところでしょうか。

でも実は、他にも冷奴に合う簡単な調味料があるのです。

今回は、僕がおすすめする、冷奴に合う調味料をご紹介します。

冷奴にマッチする調味料

結論からお伝えすると、冷奴には桃屋の「しびれと辛さががっつり効いた麻辣香油」がおすすめです。

こちらは簡単に言うと、食べるラー油(辛そうで辛くない少し辛いラー油)に花椒・山椒の痺れ系の辛さが加わった調味料で、辛い物好きにはたまらないおいしさです!

「しびれと辛さががっつり効いた麻辣香油」については別記事でもご紹介しました。

これが冷奴にすごく合うのです。

「しびれと辛さががっつり効いた麻辣香油」を使った冷奴レシピ

「しびれと辛さががっつり効いた麻辣香油」のレシピはこのようになります。

  • 豆腐(絹ごし):1丁
  • しびれと辛さががっつり効いた麻辣香油:大さじ2~3杯 ※好みに応じて
  • 醤油:大さじ2~3杯
  • 刻みネギ

とてもシンプルです。

作り方も、豆腐の上からすべてをかける(乗せる)だけ(笑)

薬味として刻みネギを乗せる方がおすすめですが、なければネギは抜きでも十分おいしいです。

実際に僕が作る冷奴はこんな感じです。

冷奴+しびれと辛さががっつり効いた麻辣香油

おいしそうでしょう?

さっぱりした冷奴に、食欲を増進する赤くて辛い調味料は、夏に食べるにはまさにうってうけです。

ちなみに冷奴と言えば平皿のイメージがありますが、僕は麻辣香油や醤油を無駄にせずしっかり絡ませたいので、お椀で食べるようにしています。

冷奴に使う豆腐は絹ごし?木綿?

冷奴に絹ごし豆腐を選ぶか木綿豆腐を選ぶかは、好みや地域によって異なるようですね。

どちらが良いという結論はないようなので、好きな方で食べましょう。

個人的には、さっぱり食べたい冷奴には絹ごし豆腐、がっつりと食べたい鍋には木綿豆腐を好んでいます。

まとめ

冷奴に「しびれと辛さががっつり効いた麻辣香油」を乗せて食べるのがおすすめです!

手軽に用意出来る上、辛さが食欲をそそるので、暑い夏の季節にもピッタリです。

お酒のつまみにもなりますし、食欲がない方はご飯のおかずとしても食べやすいと思います。

ぜひお試し下さい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました